富士フイルムの開発

富士フイルムの開発

富士フィルムのコラーゲンの研究が新しくスキンケア商品を生んだというお話をしてきました。さらにフィルムと美肌のつながりも実は深いものがあるのです。

 

イメージしにくいかもしれませんが、共通キーワードは「酸化現象」です。それでも難しいなと思われる方は「色あせ」を想像してください。写真は古くなったりすると日焼けしたような、色があせてしまったような色抜けをしています。「写真が焼けてきちゃって…」なんて古いものを出したらそんな会話を聞く事がありますね。

 

この「色あせ」が肌と関係します。「色あせ」の原因は活性酸素による「酸化現象」。ここでピンっとくる方もいらっしゃるでしょうね。私たちの肌は加齢によって酸化します。そして肌老化が始まっていくのです。色あせだけでなく様々な悩みをもたらすことはお分かり頂けると思います。

 

この酸化現象を防ぐための写真の技術をそのままスキンケアに応用できないかと考えられました。写真の富士フィルムがスキンケアへの開発に至った経緯がはっきりわかりますね。この独創的な技術は「ナノテクノロジー」。

 

必要な成分の働きをそのまま必要とされる場所へ送り届ける「ナノテクノロジー」は古くなって時間が経過しても色あせしない写真を開発しました。そしてその「ナノテクノロジー」を使って今度は美肌のための商品開発に転換しました。

 

この発想の転換が「アスタリフト」の誕生につながるのです。肌の酸化を防ぐという富士フィルムの発想から生まれた「アスタリフト」は5年後も10年後もそのあともずっと、私たちの肌を酸化させず、老けさせず、美しい若々しい肌にしてくれるための化粧品です。